『英国スキャンダル』シーズン2が始動!『ABC殺人事件』ほかアガサ・クリスティー作品の脚本家が手掛ける

『英国スキャンダル』シーズン2が始動!『ABC殺人事件』ほかアガサ・クリスティー作品の脚本家が手掛ける

英国政治史上最も物議を醸したとされるスキャンダルをスリリングかつユーモラスに描いた英BBCの『英国スキャンダル ~セックスと陰謀のソープ事件』。本作のシーズン2がいよいよ始動することが明らかになった。米Deadlineが報じている。


新シーズンで脚本を務めるのは、水面下で話が進んでいたとされるサラ・フェルプス。フェルプスは、BBCが手掛けるチャールズ・ディケンズの同名小説をミニ・シリーズ化した『オリバー・ツイスト』や、アガサ・クリスティーのドラマ化作品『そして誰もいなくなった』『検察側の証人』『ABC殺人事件』『無実はさいなむ』など、数々の英国を代表する小説の映像作品を手がけている脚本家。


シーズン2では、アーガイル公爵夫人マーガレット・キャンベルが関与する1963年のセックス・スキャンダルを中心に描かれる。二人目の夫との泥沼離婚の際、元夫は見ず知らずの男性と性行為を行うキャンベルの画像を押収。彼女は「ダーティ公爵夫人」として知られるようになった出来事だ。


フェルプスは新シーズンについて、「非常に有名なオーラルセックスについての3時間ドラマの脚本を書いています。なぜなら、殺人を描いた後に何を書けばいいというんですか? 私はただ汚れている人間なんです。低俗なんですよ」と、ジョークまじりにコメントした。


シーズン1で製作総指揮を務めたドミニク・トレッドウェル=コリンズも続投。フェルプスは、「彼とは長いこと一緒に仕事をしています」と相性の良さを語った。


あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月12日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。