ユアン・マクレガーも大好き!新たなゴッサム・シティとは『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』

ユアン・マクレガーも大好き!新たなゴッサム・シティとは『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』

全世界興行収入10億ドル(約1100億円)突破の大ヒットを記録し、本年度アカデミー賞で主演男優賞ほか2部門を受賞した『ジョーカー』に次ぐ、"悪カワ"ヴィランが主役の映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』。ジョーカーもハーレイ・クインもバットマンのキャラクターであり原作の舞台はゴッサム・シティだが、本作のゴッサム・シティはそれまでの『バットマン』関連作とは異なる描かれ方になっている。


「私たちバージョンのゴッサム・シティを創るのはとても楽しかった。『バットマン』のゴッサムとは違うの」と語るのは、本作の監督に抜擢されたキャシー・ヤン。『ジョーカー』で主人公アーサーの隣人ソフィーを演じたザジー・ビーツが主演する2018年のコメディ映画『Dead Pigs(原題)』で長編映画デビューを果たした新鋭だ。


これまでバットマン映画や前日譚ドラマ『GOTHAM/ゴッサム』で描かれてきたゴッサム・シティといえば、マフィアや犯罪者があふれ返る犯罪都市であり、街並みも薄暗いトーンで描かれてきた。しかし本作では写真にある通りハーレイの髪型のようにポップな色彩が使われ、それまでのイメージを大きく変えるゴッサム・シティが誕生している。


ヤン監督は、新旧ゴッサム・シティの具体的な違いについて「私たちは一定のルールを作ろうとした。すごく鮮やかな色調を使うことで、ハーレイの生きる世界をとても明るく見せようとしたの。同時に薄汚れた感じや陰鬱さ、そしてどこか普通の雰囲気も出した」と、ハーレイの明るい性格を反映させたかのようなポップな色彩を加えながらリアルさにもこだわったことを説明。続けて「私はゴッサム・シティが大好きだった。バットマン作品を観て育ったの。だから、新しいゴッサム・シティを生み出す素晴らしい機会になったわ」と、DC作品に関われたことへの感無量の思いを語る。


あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「アカデミー賞 + 日本」のおすすめ記事

「アカデミー賞 + 日本」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「アカデミー賞」のニュース

次に読みたい関連記事「アカデミー賞」のニュースをもっと見る

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月16日の海外セレブ記事

キーワード一覧

  1. アカデミー賞 日本

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。