あの人が実は推理小説家に!『名探偵ポワロ』キャストのその後

あの人が実は推理小説家に!『名探偵ポワロ』キャストのその後
あの人が実は推理小説家に!『名探偵ポワロ』キャストのその後
あの人が実は推理小説家に!『名探偵ポワロ』キャストのその後
あの人が実は推理小説家に!『名探偵ポワロ』キャストのその後
あの人が実は推理小説家に!『名探偵ポワロ』キャストのその後

現在NHK BSプレミアムで放送中の『名探偵ポワロ』。英ITVにて1989年から2013年まで続き、原作者アガサ・クリスティーが描いたポワロの冒険70作のすべてを映像化した本作は世界中で大ヒットした。放送終了から7年、メインキャストたちがその後どうしているのかを、それまでの経歴もまとめてご紹介しよう。



デヴィッド・スーシェ(エルキュール・ポワロ役)

あの人が実は推理小説家に!『名探偵ポワロ』キャストのその後


まずは主人公エルキュール・ポワロ役のデヴィッド・スーシェ。1985年のTV映画で実はジャップ警部を演じたこともあった(その時のポワロ役はピーター・ユスチノフ)彼は『名探偵ポワロ』で一気に世界的な知名度を得ただけでなく、英国アカデミー賞候補にも。しかし、他では異なる役を演じたいのか、名探偵役に起用されて以降は、中東のテロリストを演じた1996年の『エグゼクティブ・デシジョン』をはじめ、2003年の『セイブ・ザ・ワールド』、2017年の『アメリカン・アサシン』などアクション作品への出演が目立つ。2006年の『Dracula(原題)』では吸血鬼ハンターのヴァン・ヘルシングに扮した。


一方で、TVシリーズは『名探偵ポワロ』以外は日本未上陸作品が多いが、その中には犯罪ものもいくつかあり、1998年の映画『ダイヤルM』(『ダイヤルMを廻せ』のリメイク)や2002年のミニシリーズ『NCS Manhunt(原題)』で刑事を演じている。


ポワロ役でブレイクした後も、舞台俳優出身らしく文学作品に多数参加しており、2011年には、チャールズ・ディケンズの名作「大いなる遺産」のミニシリーズのほか、アーサー・ミラーの戯曲「みんな我が子」の映画化で『名探偵ポワロ』のオリヴァ夫人役で知られるゾーイ・ワナメイカーと再共演。翌年はウィリアム・シェイクスピアの戯曲のドラマ化『ホロウ・クラウン/嘆きの王冠』に出演した。


あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「あの人が実は推理小説家に!『名探偵ポワロ』キャストのその後」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    ヘイスティングスが出てるシリーズが好きだったな〜

    0
この記事にコメントする

「アカデミー賞 + 日本」のおすすめ記事

「アカデミー賞 + 日本」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「アカデミー賞」のニュース

次に読みたい関連記事「アカデミー賞」のニュースをもっと見る

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月4日の海外セレブ記事

キーワード一覧

  1. アカデミー賞 日本

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。