【ネタばれ】『13の理由』大学編はあるの!? クリエイターが語る

【ネタばれ】『13の理由』大学編はあるの!? クリエイターが語る

ティーンエイジャーのいじめや自殺の問題を取り上げたNetflixの青春ドラマ『13の理由』でクリエイターを務めるブライアン・ヨーキーが、米Entertainment Weeklyのインタビューに応え、シーズン4で中心となるミステリーなどについて語っている。(※本記事は、『13の理由』の重要なネタばれを含みますのでご注意ください)




ジェイ・アッシャーの同名小説のドラマ化となる『13の理由』は、シーズン1で自殺を図った高校生のハンナ(キャサリン・ラングフォード)が命を絶った理由を13本のカセットテープに録音し、そのテープを送られた友人や同級生の視点から物語がミステリータッチで綴られるシリーズだ。


Q:「なぜ、シーズン4で物語を終えるべきだと感じたのですか?」


ヨーキー:「シーズン2の途中で、もっとシーズンを製作できる可能性があるとわかったときに、4シーズンの物語だと感じたんだ。高校は4年間だから、4シーズンを超える番組に少し懐疑的だったからね。だから、番組を続けられる機会に恵まれたら、4シーズン製作しようと思ってたんだよ」


Q:「シーズン4は通常よりも短くて10話しかないですが、その理由は?」


ヨーキー:「その方が物語がよくまとまって、製作チームにとって10話がちょうど良かったんだ。10話がピッタリの長さと思うし、シーズン2ではタイトルが『13の理由』だし、私が若い視聴者なら"『13の理由』なのに10話しかない"と思うかもしれないから、13話じゃないといけないと意地になってた。だが、シーズン4に向かう今となっては、"少なくとも39の理由を与えたんだから、『13の理由』と堂々と呼べるだろう"ってね。今シーズンは10話だけど、ただの数字にすぎないということが最後まで見たらわかると思う」


あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月16日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。