『エージェント・オブ・シールド』コールソン役、本作がMCUから離れたことは複雑だった

『エージェント・オブ・シールド』コールソン役、本作がMCUから離れたことは複雑だった

マーベルドラマ初の長編シリーズになった人気ドラマ『エージェント・オブ・シールド』。本国アメリカでは、5月27日(水)よりシリーズ最終章となるシーズン7の放送が始まる。本作は、映画『アベンジャーズ』後の世界を舞台にした作品としてスタートしたが、シリーズが進むにつれMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)とは袂を分かつような展開に。そんなシリーズの流れについて、コールソン役のクラーク・グレッグがコメントしている。



最近、米Varietyのインタビューに応じたクラークは、『エージェント・オブ・シールド』が『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』で起きたサノスのスナップ(指パッチン)の影響を受けなかったことについて「機会を逃したと思ったか、関わることがなく安心したか?」と聞かれると、「どちらとも言えるだろう」と答え、次のように説明した。


「シーズン1を振り返れば、ヒドラとのクロスオーバーを見て、誰もが"なんてドラマなんだ!"と思っただろう。それから、(ニック・フューリー役の)サミュエル(・L・ジャクソン)や、(マリア・ヒル役の)コビー・スマルダーズも出てくれて、とてもスリリングなことだったよ。その機会(サノスの指パッチン)は逃したが、『エージェント・オブ・シールド』は本当に進化しているとも感じた。それから、シーズン4ではゴーストライダー(ガブリエル・ルナ)、LMD、フレームワークのエピソードがあった。勇気ある脚本家たちはそれらの話を引っ掻き回して、毎シーズン、時にはシーズン中に2、3回、マーベル・ユニバースの新しい場で描きなおしているんだ」


あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月25日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。