『1917』製作×『チェルノブイリ』監督、難解すぎる小説のドラマ化でタッグ!?

『1917』製作×『チェルノブイリ』監督、難解すぎる小説のドラマ化でタッグ!?

本年度アカデミー賞で作品賞候補になった戦争映画『1917 命をかけた伝令』の製作チームが手掛ける小説「魔術師」のドラマ化で、米HBOの社会派ドラマ『チェルノブイリ』のヨハン・レンク監督がメガホンを取る可能性をSNSでほのめかしている。米Varietyが報じた。


『1917』のプロデューサーであるピッパ・ハリスと監督のサム・メンデスが率いる製作会社、Neal Street Productionsが、英作家ジョン・ファウルズによる小説「魔術師」のミニシリーズをプロデュースする。


この投稿をInstagramで見る

Something is brewing


Johan Renck(@johanrenck)がシェアした投稿 -



『チェルノブイリ』でエミー賞に輝いたレンクは5月28日(木)、「魔術師」の小説の表紙画像に「何かが起こりかけている」と意味深なコメントを添えて投稿し、ドラマ版に携わることを匂わせた。


その後ハリスがVarietyの取材に対し、レンクが監督候補に挙がっていることを認め、「ジョン・ファウルズの素晴らしい小説をスクリーンによみがえらせる作品の舵取り役に、これ以上の人材は考えられないでしょう」と付け加えていたとのこと。


1966年に出版された「魔術師」は、若き英国人教師ニコラス・アーフェがギリシャの島を訪れ、島を所有する謎めいた人物のマインドゲームに巻き込まれていくさまが描かれる。1968年には、原作者のファウルズ自身が脚色を手掛けた映画『怪奇と幻想の島』が製作され、アンソニー・クイン(『アラビアのロレンス』)、マイケル・ケイン(『サイダーハウス・ルール』)、キャンディス・バーゲン(『ボストン・リーガル』)、アンナ・カリーナ(『女は女である』)などが出演していた。ファウルズが出版までに10年以上を費やし、のちの1977年に新版を発表したこの小説は難解なことで知られる。彼の小説はほかにも「コレクター」や「フランス軍中尉の女」が映像化されている。


今回の脚色は、レネー・ゼルウィガーが伝説のミュージカル女優ジュディ・ガーランドを演じてアカデミー賞主演女優賞に輝いた『ジュディ 虹の彼方に』や犯罪捜査ドラマ『私立探偵ストライク』でペンを執ったトム・エッジが担う予定だ。


これまでにレンクは、犯罪ドラマ『ブレイキング・バッド』、歴史アクションドラマ『ヴァイキング ~海の覇者たち~』、サスペンスドラマ『ベイツ・モーテル』などでエピソード監督を務めている。(海外ドラマNAVI)


Photo:

『チェルノブイリ』
© 2019 Home Box Office, Inc. All Rights Reserved. HBO® and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.

あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「アカデミー賞 + 日本」のおすすめ記事

「アカデミー賞 + 日本」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「アカデミー賞」のニュース

次に読みたい関連記事「アカデミー賞」のニュースをもっと見る

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月3日の海外セレブ記事

キーワード一覧

  1. アカデミー賞 日本

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。