『ウォーキング・デッド』シーズン11にいよいよあのキャラクターが登場?

       
『ウォーキング・デッド』シーズン11にいよいよあのキャラクターが登場?

大人気サバイバル・パニックドラマ『ウォーキング・デッド』のシーズン11に出演するキャスティングが発表され、それがシーズン10に登場していたあるキャラクターに関連しているのではないかと話題になっている。米Deadlineが報じた。


今回出演することが決まったのは、Netflixオリジナルドラマ『シーズ・ガッタ・ハヴ・イット』のクロリンダ役や米NBCの医療ドラマ『ニュー・アムステルダム 医師たちのカルテ』の広報イーヴィー役で知られるマーゴット・ビンガム。実はマーゴットはすでに『ウォーキング・デッド』シーズン10に出演しているが、この時は第6話「秘密の任務」と第11話「夜明けの明星」の2話に、ユージーンが無線で連絡を取り合っているチャールストンのステファニーとして声だけの参加だった。



放送局の米AMCは、シーズン11でのマーゴットの役どころには言及していないが、おそらくシーズン10からの流れでステファニーとして姿を現すと思われる。無線が偶然繋がったことから知り合ったユージーンとステファニーは、お互いの存在を仲間には隠していたが、こっそり会う約束を交わしていた。


『ウォーキング・デッド』は新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の影響で特殊効果などのポスト・プロダクションが完了せず、シーズン最終話である第16話はいまだに放送されていない。だが以前ショーランナーのアンジェラ・カンは「第16話では、シーズン10でファンが観てきた壮大な戦いを、さらに目にすることになる」と話したほか、舞台がピッツバーグの都会になることについて、「私たちはこの世界の様々な側面をこれまで通り見ている。シーズン11で取り組んでいるのは、より都会的な感じと、そして今までずっとやってきた様々な雰囲気とが混ざったものになる」とも語っている。また、シーズン11には、シーズン9で一旦去ったマギー役のローレン・コーハンが戻ってくることも決まっている。(海外ドラマNAVI)


Photo:

『ウォーキング・デッド』
(C)Jackson Lee Davis/AMC

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月21日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。