『ウォーキング・デッド』を降板したあの人、シリーズを観なくなった理由を明かす

       
『ウォーキング・デッド』を降板したあの人、シリーズを観なくなった理由を明かす
『ウォーキング・デッド』を降板したあの人、シリーズを観なくなった理由を明かす

ウォーカーが蔓延る世紀末的な世界を描く大人気ドラマ『ウォーキング・デッド』。この秋、シーズン6を迎える『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』や新たに展開する『The Walking Dead: World Beyond(原題)』など、その世界を広げている人気シリーズから降板したキャストが、シリーズを観なくなった理由を明かしていることがわかった。



英Digital Spyのインタビューに応えたのは、シーズン3から5で主人公リックたちと対立した総督役を演じた英国俳優のデヴィッド・モリッシー。デヴィッドは自分が降板した後もしばらくシリーズを見続けていたが、最終的には観賞をやめてしまったと語っている。



その理由についてデヴィッドは、「私はニーガンの出現に目を光らせていた。ジェフリー・ディーン・モーガンは私の友人で、彼が番組に出演する前に話をしたんだ。だから、どのように彼がキャラクターを表現しているのか見るのに興味津々だったし、彼は素晴らしかったよ。だけど、シリーズを観るのをやめてしまったんだ。番組が気に入らなかったからじゃない。そこにはちょっとした要素があって、まあ、"もう私は番組に出演していないから、見続けるのは難しいかな。他に取り組まなくちゃいけないこともあるし"と思ったからなんだ。でもファンのように、番組の視聴にコミットするのが難しかったことが大きな理由だね」と述べた。


デヴィッドのように感じたファンは一部にもいたようで、ある時点で『ウォーキング・デッド』の視聴率が下降線を辿ったことがあった。しかし、それでも本シリーズはケーブル局の番組において視聴率の上位に君臨し続け、すでにシーズン11へ更新が決定。


あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月3日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。