『ブレイキング・バッド』ブライアン・クランストン、一番難しかったシーンのあと号泣していた...

       
『ブレイキング・バッド』ブライアン・クランストン、一番難しかったシーンのあと号泣していた...
『ブレイキング・バッド』ブライアン・クランストン、一番難しかったシーンのあと号泣していた...
『ブレイキング・バッド』ブライアン・クランストン、一番難しかったシーンのあと号泣していた...

世界中で大ヒットとなった『ブレイキング・バッド』で主人公ウォルターを演じたブライアン・クランストンが、撮影で一番難しかったシーンについて語った。米Cheatsheetが報じている。(※本記事は重要なネタばれを含みますのでご注意ください)



同作でエミー賞主演男優賞に4度輝いた演技派のブライアンが話すそのシーンとは、ジェシー・ピンクマンのガールフレンドだったジェーンが死ぬシーン。


シーズン2の第12話「マイ・リトル・ガール」で、ウォルターの正体を知ったジェーンは彼を脅迫し、取り分についても口を出すようになる。中毒となったジェシーをウォルターは心配し、彼のアパートに行くと、ジェシーとジェーンが眠っているのを見つける。薬の影響で起こそうとしても起きないジェシーの隣で、ジェーンが仰向けになって嘔吐し始め、喉を詰まらせる。それを見てウォルターは一瞬助けようとするが、結局は彼女が窒息していく姿をただ見つめるという場面だ。だが、悲劇はそれだけでは終わらず、愛娘ジェーンの死を知った航空管制官の父ドナルドは動揺し、飛行機を衝突させて乗客をも死なせてしまう。



そんな衝撃的なシーンについて、ブライアンはジェーンを生かすか死なせるかの短所と長所をそれぞれリストアップして書き出したという。ジェーンはウォルターたちの人生を破滅させるつもりであり、単なるヤク中のジャンキーであると同時に、ブライアン自身の娘であってもおかしくない若い女の子だった。


あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月6日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。