『グッド・ファイト』が本物の訴訟に発展!? 名誉棄損で謝罪を要求される

       
『グッド・ファイト』が本物の訴訟に発展!? 名誉棄損で謝罪を要求される
『グッド・ファイト』が本物の訴訟に発展!? 名誉棄損で謝罪を要求される

人気リーガルドラマ『グッド・ワイフ』のスピンオフ版となる米CBS All Accessの『The Good Fight/ザ・グッド・ファイト』。そのシーズン4最終話で放送された、性犯罪者で大富豪だったジェフリー・エプスタインの顧問弁護士に関する描写が問題となり、製作スタジオが謝罪を迫られていることが明らかとなった。米Entertainment Weeklyが報じている。




『グッド・ファイト』を製作する米ViacomCBSに謝罪を求めているのは、米ハーバード大学法科大学院の弁護士で名誉教授のアラン・ダーショウィッツ氏で、シーズン4最終話「The Gang Discovers Who Killed Jeffrey Epstein(原題)」で放送された描写が問題となっているという。


同エピソードでは、未成年者を含めた女性に対する性犯罪と性的人身売買の罪で有罪判決を受け、謎の獄中死を遂げた大富豪ジェフリー・エプスタインの事件がテーマとなっている。そして劇中では、エプスタインの事件を担当した架空の弁護士ベンジャミン・ダフォーが、実際にエプスタインの顧問弁護士だったダーショウィッツ氏を"悪徳弁護士"呼ばわりするセリフを発していたとのこと。


これを受け、ダーショウィッツ氏の弁護士がCBSに書簡を送付。エプスタインに対する刑事告発と彼の死を中心に描いたエピソードに登場する「マッサージ」や「エプスタイン」「ヴァージン諸島(エプスタインが性的暴行を行っていた別荘地)」「悪徳弁護士」といった言葉の組み合わせにより、ダーショウィッツ弁護士がエプスタインと一緒に未成年者に性的虐待を行っていたことを暗示しており、誤解を招きかねないと苦情を申し立てている。


あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月4日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。