『魔法にかけられて』エイミー・アダムス、『バイス』監督とNetflixドラマで再タッグ!

       
『魔法にかけられて』エイミー・アダムス、『バイス』監督とNetflixドラマで再タッグ!
『魔法にかけられて』エイミー・アダムス、『バイス』監督とNetflixドラマで再タッグ!

ディズニーのファンタジー映画『魔法にかけられて』で主人公のジゼルを好演し、アカデミー賞で6度もノミネートされている演技派のエイミー・アダムス。彼女が、2018年の映画『バイス』などで組んだアダム・マッケイ監督と再びタッグを組み、Netflixの新作ミニシリーズ『Kings of America(原題)』に主演することが明らかとなった。米TV Lineが報じている。


バーチャルで実施されたTV批評家協会の夏のプレスツアーにて、マッケイが手掛ける『Kings of America』にエイミーが主演することが発表された。


新作ミニシリーズで中心になるのは、米大手スーパー「ウォルマート」の女相続人、型破りな重役、そして長きにわたってウォルマートに勤務している店員という3人の女性。彼女たちの人生が、米国史上最大となる集団訴訟で密接に絡み合っていく様子が描かれる。


エイミーは3人のうちの一人を演じるが、どの役にキャスティングされているのかは現時点では明かされていない。


クリエイター・脚本を担当するのは、作家・ジャーナリストとして活躍するジェス・キンボール・レスリー。Netflixのミステリードラマ『13の理由』で製作総指揮・脚本を務めたダイアナ・サンがショーランナーを担い、製作総指揮を務めるマッケイは第1話でメガホンも取る予定だ。


『魔法にかけられて』エイミー・アダムス、『バイス』監督とNetflixドラマで再タッグ!


もともとエイミーとマッケイが初めて組んだのは、2006年のコメディ映画『タラデガ・ナイト オーバルの狼』。2度目のコラボとなった『バイス』ではエイミーは主人公ディック・チェイニー元副大統領の妻リン・チェイニーを演じ、自身6度目となるアカデミー賞ノミネートを果たした。彼女はDC映画『マン・オブ・スティール』でスーパーマンの恋人ロイス・レインを演じたほか、SF映画『メッセージ』や天才詐欺師が起こした一大政治スキャンダルを描く『アメリカン・ハッスル』に主演するなど、主に映画界で活躍。2000年代半ばにコメディドラマ『ジ・オフィス』にゲスト出演した後、2018年に主演した米HBOのミニシリーズ『KIZU -傷-』で久しぶりにドラマ界にカムバックしていた。(海外ドラマNAVI)


Photo:

エイミー・アダムス © NYKC/FAMOUS
『バイス』 © 2019 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「アカデミー賞 + 日本」のおすすめ記事

「アカデミー賞 + 日本」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「アカデミー賞」のニュース

次に読みたい関連記事「アカデミー賞」のニュースをもっと見る

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月8日の海外セレブ記事

キーワード一覧

  1. アカデミー賞 日本

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。