2012年にカミングアウトしたマット・ボマー、その後に仕事を失っていたことを明かす

2012年にカミングアウトしたマット・ボマー、その後に仕事を失っていたことを明かす
       

2009年より6シーズンにわたって放送された大ヒット犯罪ドラマ『ホワイトカラー』で、主人公ニール・キャフリーを演じてブレイクしたマット・ボマー。その確かな演技力とイケメンぶりで絶大な人気を誇る彼が、2012年に同性愛者であることをカミングアウトしたことが理由で仕事を失っていたことを明かしている。米Outが報じた。


『ホワイトカラー』ではストレートの役を演じたマットがカミングアウトした当時を振り返り、大きなリスクを冒したと語っている。


「僕がカミングアウトしたのは、プレミア上映される映画があって、TVシリーズがリリースされる頃だったから、かなりリスクが高いときだった。だけど僕自身と僕の家族にとっては、本当の自分でいることがもっと重要だったんだ。僕はお手本になろうとしていた訳じゃなくて、それは今でも違うけど、カミングアウトすることで一人でも救えるなら、それは価値があると思った。だけど、そのことにより、僕のキャリアで特定の仕事が犠牲にならなかったと言ったら嘘になる。犠牲になったからね。でも僕にとっては、それを引き換えてでも価値があったけど、ハッピーエンドとはいかなかったよ」と、自分に正直になったがために仕事を失ったと明かしていた。


マットは、2012年にスティーヴ・チェイス人道賞のニュー・ジェネレーション&アクティビズム賞を受賞したときに、「無条件の愛とは何かを教えてくれた僕の美しい家族、サイモンとキット、ウォーカーとヘンリーに感謝したい。君たちは、いつも僕にとって最も誇りに思える業績だ」とスピーチし、夫であるサイモン・ホールと3人の息子に感謝の意を述べてカミングアウトした。


あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月20日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。