『グレアナ』キャサリン・ハイグル、イジーのために描かれたお別れエピソードを断っていた

『グレアナ』キャサリン・ハイグル、イジーのために描かれたお別れエピソードを断っていた
       

大人気医療ドラマ『グレイズ・アナトミー』のオリジナルキャストの一人で、主人公メレディスの同期であるイジー・スティーヴンス医師を演じていたキャサリン・ハイグル。シーズン6でシリーズを降板した彼女が、イジーのお別れエピソードの制作を断っていたことをショーランナーが明かしている。米Screen Rantが伝えた。


17シーズンも続けばキャストの出入りがあるのは自然なこと。これまで、デレク・シェパード(パトリック・デンプシー)やクリスティーナ・ヤン(サンドラ・オー)など、視聴者お気に入りのキャラクターたちが番組を去っていった。しかし、特にレギュラーキャストが卒業する場合、最後のエピソードは特別なものとして描かれている。


その唯一の例外が、イジー・スティーヴンスの退場だった。2005年のシリーズスタートから2010年放送のシーズン6まで登場していたイジーは、『グレアナ』史において記憶に残るキャラクターであり、2007年にはエミー賞ドラマ部門で助演女優賞にも輝いた。


そんなイジーの最後の物語の真実を、2007年から2011年までショーランナーだったクリスタ・ヴァーノフが米ロサンゼルス・タイムズのインタビューで告白。当初、彼女はイジーに別れを告げるためのエピソードを書いていたことを明らかにした。そのエピソードではキャラクターのストーリーを追求し、特にイジーとアレックス(ジャスティン・チェンバース)の関係にフォーカスした内容になっていたそう。しかし、結局キャサリンがこのエピソードを撮影することはなかったというのだ。


当時の記事を読む

キャサリン・ハイグルのプロフィールを見る
海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「キャサリン・ハイグル」に関する記事

「キャサリン・ハイグル」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「キャサリン・ハイグル」の記事

次に読みたい「キャサリン・ハイグル」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月28日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。