Netflix『ブリジャートン家』、シャーロット王妃にアフリカ系女優を起用した理由とは?原作者が明かす

Netflix『ブリジャートン家』、シャーロット王妃にアフリカ系女優を起用した理由とは?原作者が明かす
       

全米ベストセラー小説を実写化したNetflixオリジナルシリーズ『ブリジャートン家』。本作では実在したシャーロット王妃にアフリカ系女優が起用されているのだが、その理由を原作者のジュリア・クインが明かしている。英Digital Spyが報じた。


『ブリジャートン家』は摂政時代のロンドンを舞台に、裕福なブリジャートン家の8人兄弟姉妹の人生や恋愛模様がスキャンダラスに描かれるシリーズ。


摂政時代とは、イギリスでジョージ3世が統治不能に陥った際、彼の息子である王太子ジョージが摂政王として国を治めた時期のこと。ドラマ版では、『刑事ジョン・ルーサー』や『レディ・マクベス』などに出演しているゴルダ・ロシェウヴェルが王妃を演じている。


原作を手掛けたクインがゴルダの起用について、Netflixの多様性を意識したスタンスを支持し、シャーロット王妃役にガイアナ系英国人であるゴルダをキャスティングした決定について語っている。


「多くの歴史家は、シャーロット王妃がアフリカの血筋を持っていると信じています。この点については議論の余地があり、彼女のDNA検査ができないため決定的な答えはないと思います。この配役は意識的な選択であり、盲目的なものではありません」と述べ、史実的にあり得る可能性をもとにシャーロット王妃役にアフリカ系の血を引く女優を起用したと明かしていた。


ドイツで生まれたシャーロット王妃は公爵の娘で、ポルトガル王室の黒人支部に属していたマルガリータ・デ・カストロ・イ・ソウサの子孫にあたる。シャーロット王妃の人種的なアイデンティティは完全には確認されていないが、多くの美術史専門家が、彼女の肖像画のいくつかにはアフリカ系の人々に見られる特徴が描かれていると分析しているとのこと。


当時の記事を読む

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月13日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。