海外から見た戦国時代の日本とは―、Netflixのドキュメンタリー・ドラマ『エイジ・オブ・サムライ: 天下統一への戦い』

海外から見た戦国時代の日本とは―、Netflixのドキュメンタリー・ドラマ『エイジ・オブ・サムライ: 天下統一への戦い』
拡大する(全1枚)

日本の戦国時代を舞台にしたドキュメンタリー・ドラマ『エイジ・オブ・サムライ: 天下統一への戦い』がNetflixで配信開始となった。


ドキュメンタリー仕立てとなる全6話のシリーズは、約400年前、日本統一のため激しい戦いに身を投じた独眼竜(One-Eyed Dragon)との異名を持つ、伊達政宗を中心に描かれる。



その予告映像では、英語のナレーションに合わせてシリーズのシーンが映し出されている。ダークな映像美と戦場での激しいバトルを観る限り、ドキュメンタリー作品というよりは時代劇アクション映画であるかのような印象を受ける。予告映像では織田信長や豊臣秀吉の名前も挙がり、キャストは日本人とアジア系俳優で構成されている。


伊達政宗は、幼少時代にかかった天然痘が原因で失明した右目を自ら摘出しし、隻眼となったと伝えられている。自身の相続権を確実にするために弟の政道を殺害し、17歳で家を継いだ。その後、近隣の氏族を支配し始めた政宗は、最終的に東北地方を支配下に治めた。


『エイジ・オブ・サムライ: 天下統一への戦い』は、カナダの製作会社であるクリーム・プロダクションズがプロデュースしているため、外国が捉える日本を垣間見ることができそうだ。なお、政宗が身に着けていた兜は、映画『スター・ウォーズ』シリーズのダース・ベイダーが被っていたヘルメットとマスクのモデルになったとも言われている。


ショーランナーを務めるのは、ナショナルジオグラフィックの番組『Origins: The Journey of Humankind and History's Barbarians Rising(原題)』で製作総指揮を担ったサイモン・ジョージと、犯罪スリラー映画『Fear Thy Neighbor(原題)』のマシュー・ブーイら。『ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー』や『ヘンゼル&グレーテル』でプロダクションデザインを手掛けたスティーヴン・スコットがメガホンを取っている。


『エイジ・オブ・サムライ: 天下統一への戦い』は、Netflixにて配信中。(海外ドラマNAVI)


Photo:

Netflix『エイジ・オブ・サムライ: 天下統一への戦い』

当時の記事を読む

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年2月27日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。