『ビバヒル』ジーナ役のヴァネッサ・マーシル、2シーズンで降板した理由を明かす

『ビバヒル』ジーナ役のヴァネッサ・マーシル、2シーズンで降板した理由を明かす
拡大する(全1枚)

90年代に一世を風靡した青春ドラマ『ビバリーヒルズ青春白書』(以後、『ビバヒル)』のシーズン9からジーナ役を演じたヴァネッサ・マーシル。2月21日にInstagramでライブ配信を行った彼女が、わずか2シーズンで『ビバヒル』の降板を決断した理由を明かしている。米Soaps.comが伝えた。


「その仕事(『ビバヒル』)をしていた時、とても傷ついたの」と話したヴァネッサ。現場で悪意を向けられていると感じ、自分は好かれていないと思っていたのだという。


そんなある日、共演者でケリー役のジェニー・ガースから現場で「嫌われていると考えないでみたら?」と話しかけられ、自身が個人的に受け止めていたことに気づいたそう。


ヴァネッサは、もし今同じような状況に陥ったとしても、自分が惑わされることはないとした上で、「今誰かに好かれていないと思っても、それほど気にしないわ。でも、当時は本当に気にしていたの」と当時の心境を吐露した。


また、今だからこそ気づいた視点があるといい、人々から敵意を向けられても「それはその人が自分自身をどう思っているかを反映しているに過ぎない」と考えられるようになったそう。「それは、その人が悪い人ということではないの。ただ、その瞬間のその人はそれほどの余裕がなかったということ」


残念ながら、ヴァネッサは最終シーズンの途中で離脱することになったが、そんな彼女のことをディラン役のルーク・ペリーは気にかけてくれていたことも告白。「私が去る直前、ルークは私の楽屋にメモを残していたの。メッセージの中には"行かないで"と書いてあったわ」


ヴァネッサは、「私たちの繋がりが特別なことはわかっていた。ある意味、それはとても強過ぎたの。今ならわかるわ。宇宙は、私たちが早くに彼を失うことを知っていたのね」とルークへの思いを語った。


『ビバヒル』降板後は『NYPD BLUE ~ニューヨーク市警15分署』、『ラスベガス』『HAWAII FIVE-0』などにゲスト出演している。(海外ドラマNAVI)



Photo:ヴァネッサ・マーシル©FAM020/FAMOUS

当時の記事を読む

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年3月5日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。