『ザ・ソプラノズ』ジョセフ・シラヴォが死去

『ザ・ソプラノズ』ジョセフ・シラヴォが死去
拡大する(全1枚)

マフィア一家を描く米HBOドラマ『ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィア』で、主人公トニー・ソプラノの父親ジョニー・ソプラノを演じたジョセフ・シラヴォが、癌との闘病生活の末に永眠した。享年66。米Varietyが報じている。


代理人がVarietyに発表したところによると、ジョセフは大腸がんと長い間勇敢に闘い、4月11日(日)に亡くなったとのこと。


ジョセフの出演作として最も知られているのは『ザ・ソプラノズ』だが、その他にも『LAW & ORDER ロー&オーダー』『LAW & ORDER: 性犯罪特捜班』『ダーティ・セクシー・マネー』『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』『ブラックリスト』など数多くのドラマに出演していた。映画では、『ワイズ・ガール』や、『ニューヨーク・ギャングスター』そして、アダム・ドライヴァー主演の『ザ・レポート』などでも活躍。


ワシントンD.C.で生まれ育ったジョセフは、名門スタンフォード大学で学士号を取得後、ニューヨーク大学ティッシュ・スクール・オブ・ジ・アーツの演劇プログラムで修士号を取得。1993年に公開されたアル・パチーノ(『ゴッドファーザー』)主演映画『カリートの道』でデビューを果たした後、1999年に『ザ・ソプラノズ』の同役に抜擢された。


ブロードウェイでは、トニー賞を受賞した舞台『オスロ』や『ライト・イン・ザ・ピザッツァ』に出演、そしてミュージカル『ジャージー・ボーイズ』の全米ツアーにも参加。その他にも『Mad Forest(原題)』や『Up Against the Wind(原題)』、『My Night With Reg(原題)』、『The Root(原題)』『ハムレット』『アンソニーとクレオパトラ』など、オフブロードウェイや地方劇場で数多くの作品に出演していた。


あわせて読みたい

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月13日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。