打ち切り『マニフェスト』やはりそのまま終了へ、Netflixの救済措置が進んでいた

打ち切り『マニフェスト』やはりそのまま終了へ、Netflixの救済措置が進んでいた
拡大する(全1枚)

シーズン3で打ち切られた米NBCのSFミステリー&ヒューマンドラマ『MANIFEST/マニフェスト』が、Netflixに救済されてシーズン4へ更新される可能性があったようだ。米TV Lineなどが報じている。



『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズのロバート・ゼメキスが製作総指揮を務める『マニフェスト』は、NBCにて6月10日にクリフハンガーだらけのシーズン3最終話「Mayday: Part 2(原題)」が放送されたが、後日キャンセルが発表された。


もともと、『マニフェスト』は6シーズンの計画で製作が進められていたため、シーズン4への更新を意図してシーズン3では大きな謎をいくつか残し、クリフハンガーで幕を閉じた模様。しかし、その答えをファンが得られないままシリーズが打ち切られるという、残念な結果となってしまった。


シーズン3の1週間あたりの視聴者数は300万人ほどで、シーズン2に比べると21~31パーセントダウンという結果に。しかし『ニュー・アムステルダム 医師たちのカルテ』『ブラックリスト』など同局で放送中の14作のうち、『マニフェスト』は世代別視聴者数で7番目にランクインしていた。


そこで、製作チームはシリーズを継続できる新しいプラットフォームを探し始め、Netflixが候補として浮上。『マニフェスト』は米Netflixで配信されており、ストリーミングが開始された初週の視聴率ランキングで3位に食い込み、その後すぐにナンバーワンに。シリーズを製作するワーナー・ブラザースTVとNetflixの間で実行の可能性と財務に関して話し合いが行わていると報じられていた。だが、情報筋によると、その話も見送りなったという。


クリエイターのジェフ・レークやベン・ストーン役のジョシュ・ダラスは、自身のTwitterを更新し、ファンに感謝の言葉を述べている。


以前には、米FOXでシーズン3をもってキャンセルされたファンタジー犯罪捜査ドラマ『LUCIFER/ルシファー』がNetflixに救済されて大復活を遂げ、シーズン6で有終の美を飾ることになっている。その他、キーファー・サザーランドが主演する米ABCの政治サスペンスドラマ『サバイバー:宿命の大統領』がシーズン2で打ち切られた後、Netflixへ移ってシーズン3が製作されていた。


(海外ドラマNAVI)


Photo:

『マニフェスト 828便の謎』© Warner Bros. Entertainment Inc. & NBC Studios, Inc.

当時の記事を読む

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク