HBO『キング・オブ・メディア』あのキャラクターはシーズン1で死ぬ予定だった

HBO『キング・オブ・メディア』あのキャラクターはシーズン1で死ぬ予定だった
拡大する(全1枚)

世界最大のメディア企業グループを牛耳るロイ一家の陰謀をシニカルに描く米HBO『キング・オブ・メディア』(別タイトル『サクセッション』『メディア王 ~華麗なる一族~』)。本作で巨大メディアグループの創設者ローガン・ロイを演じるブライアン・コックスが、自身が演じた役はシーズン1で死ぬ予定だったことを明かした。英NMEが伝えた。


本作は、ニューヨークを舞台に、メディア帝国を支配する一族が引き起こす醜い後継者争いを描く社会派ドラマ。コメディ映画『In The Loop(原題)』でアカデミー賞脚色賞にノミネートされたほか、『ピープ・ショー ボクたち妄想族』『官僚天国!~今日もツジツマ合わせマス~』『フレッシュ・ミート』といった英国コメディドラマを手掛けてきたジェシー・アームストロングが企画・製作総指揮を務める。


本国では、今月17日よりシーズン3の放送がスタート。新シーズンにはエイドリアン・ブロディ(『戦場のピアノスト』)とアレキサンダー・スカルスガルド(『ビッグ・リトル・ライズ』)、ホープ・デイヴィス(『ウェイワード・パインズ 出口のない街』)、サナ・レイサン(『アフェア 情事の行方』)、リンダ・エモンド(『マダム・セクレタリー』)らが新たに出演することも明らかになっている。


そんな本シリーズの中心人物を演じるブライアンは放送初期を振り返り、「もともと、私(=ローガン)はシーズン1の終わりに死ぬことになっていたんです」と、英Guardianのインタビューで明かした。「ですが、ローガンのことを作品の遠心力だと思ってもらえたのだと考えています」


編集部おすすめ

当時の記事を読む

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「アカデミー賞」に関する記事

「アカデミー賞」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「アカデミー賞」の記事

次に読みたい「アカデミー賞」の記事をもっと見る

海外セレブニュースランキング

海外セレブランキングをもっと見る
お買いものリンク