『バットウーマン』ルビー・ローズ、降板でなく解雇された?SNSで劣悪な労働環境を告発

『バットウーマン』ルビー・ローズ、降板でなく解雇された?SNSで劣悪な労働環境を告発
拡大する(全1枚)

2019年秋に米CWで放送開始されたDCドラマ『BATWOMAN/バットウーマン』。その主役を務めていたルビー・ローズはわずか1シーズンで降板したが、実はそれは製作側からの解雇であると主張し、さらには劣悪な労働環境を理由に製作陣らを告発していることがわかった。米TV Lineら複数メディアが報じている。


現地時間10月20日(水)、ルビーはInstagramでシリーズを「辞めた」のではなく「辞めざるを得なかった」と主張。「私は命令に従いましたが、もし残りたいのであれば、私の権利を放棄するような内容にサインしなければなりませんでした。でもどんな脅しやいじめ、脅迫を受けても、私は引き下がりません」


まずルビーは、本作のショーランナーであるキャロライン・ドライス、製作総指揮のグレッグ・バーランティとサラ・シェクター、そしてワーナー・ブラザース・テレビジョングループ(WBTV)の元会長ピーター・ロスらを名指しで非難。撮影で怪我を負って2つの椎間板ヘルニアを治す大手術をしたルビーに対し、わずか10日で仕事に復帰すること、さもなくば「クルーやキャスト全員が解雇されることになる」など、ロス氏から脅すような発言があったという。またドライスは、怪我の事実を知っていながら後にそれを完全に否定し、ヨガ中に起こったことだと発言を覆したと主張した。ルビーはヨガをしないという。


そのほかにも本作の危険な撮影方法を示す数々の事例が挙げられ、手術を受けた後、ルビーは自分で運転できないことをプロダクションに伝えたが、運転手の派遣を拒否された挙句「タクシーを呼んでくれ」と言われたこと、共演者のダグレイ・スコット(父親のジェイコブ・ケイン役)が「女性のスタントダブルを傷つけた」、「女性に向かって"ビッチ"と怒鳴った」ことなども主張している。スコットの広報担当者は、現時点ではコメントを発表していない。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

海外セレブニュースランキング

海外セレブランキングをもっと見る
お買いものリンク