『レジデント 型破りな天才研修医』マット・ズークリー、あの人の退場について語る

『レジデント 型破りな天才研修医』マット・ズークリー、あの人の退場について語る
拡大する(全1枚)

米FOXの医療ドラマ『レジデント 型破りな天才研修医』シーズン4をもって、オリジナルキャストが降板したとのニュースはお伝えした通り。そんななか、コンラッド・ホーキンスを演じるマット・ズークリーが、その人の衝撃的な退場について語っている。(※本記事はシーズン5第1話のネタばれを含みますのでご注意ください)


シーズン1からニコレット・"ニック"・ネヴィンを演じていたエミリー・ヴァンキャンプが、シーズン4をもって降板した。


シーズン4では、結婚式を挙げたニックとコンラッドの間にはジジという可愛い娘も誕生して、二人は幸せの絶頂にあったが、シーズン5の第1話で描かれたのは、ニックが交通事故に巻き込まれて命を落とすという悲劇的な展開だった。


その展開についてコンラッド役のマットは、米TV Lineのインタビューで語っている。「僕たちは人生で最愛の人、ソウルメイトを失った人物を目にする。彼はジジの目を覗き込むたびに、ニックの姿を目にするんだ。その描写を控えるとは思えないよ。コンラッドは、いくつかの答えを一つにまとめて辻褄を合わせようとしている...。だけど、時には自分が探し求める答えが驚くべき方法で出てくることがある。自分が望む答えが出ない疑問に対して、特定の答えを得ることができると思うんだ」と、ニックの死に苦悩するコンラッドが何らかの形で答えを見い出すと述べている。


そして、製作総指揮を務めるピーター・エルコフは、エミリーの降板後に迎えるシーズン5を計画するうえで、番組の適切なトーンや、いつならコンラッドが前へ進んでも差し障りがないかなど真剣に議論したと明かしている。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

海外セレブニュースランキング

海外セレブランキングをもっと見る
お買いものリンク