『フレンズ』ガンター役のジェームズ・マイケル・タイラー、59歳で逝去

『フレンズ』ガンター役のジェームズ・マイケル・タイラー、59歳で逝去
拡大する(全1枚)

世界中で大ヒットしたシットコム『フレンズ』で、皆が集まるカフェのマネージャー、ガンター役として愛されたジェームズ・マイケル・タイラー。ステージ4の前立腺がんとの闘病生活の末に59歳で永眠した。米TV Lineなど複数のメディアが報じている。


7人目の『フレンズ』キャストことガンターとして親しまれたジェームズだが、彼をよく知る人たちにとっては俳優、ミュージシャン、がんについての意識を高める支援者、そして愛情あふれる夫として知られていた。彼の死を受け、家族とマネージャーは声明を発表。「マイケルはライブミュージックとクレムソン大学のフットボールチームを応援することが大好きでした。もし、あなたが彼に一度でも会っていたら、一生続く友人になっていたことでしょう」


ワーナーブラザーステレビジョンもTwitterに追悼のメッセージを投稿。「皆に愛された俳優、フレンズファミリーにとってなくてはならない存在のジェームズの冥福をお祈りいたします」と、ガンターとして『フレンズ』に登場するジェームズの写真を添え、早すぎる死を伝えた。


56歳だった2018年9月の健康診断の際に、前立腺特異抗原(PSA)検査によって前立腺がんが見つかっていたことを『Today(原題)』で打ち明けていた。ホルモン療法による治療を受け、最初の1年間は驚くほど効果があったそうだが、新型コロナウイルス(COVID-19)によるパンデミックの際にがんが変異して脊椎に転移し、結果的に下半身不随に。17年ぶりにキャストが再集結した『フレンズ:リユニオン』でZoomでの出演になったのは、そのことがあったからだという。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

海外セレブニュースランキング

海外セレブランキングをもっと見る
お買いものリンク