『ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィア』前日譚映画に続いてシリーズ化も検討中

『ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィア』前日譚映画に続いてシリーズ化も検討中
拡大する(全1枚)

米HBOで1999年から6シーズンにわたって放送された傑作ドラマ『ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィア』。その前日譚となる映画『The Many Saints of Newark(原題)』が先月本国アメリカにて公開されたが、その続編がドラマシリーズとして製作される可能性が浮上した。米Deadlineなどが伝えている。


米HBO Maxと劇場で公開された『The Many Saints of Newark』は、ニュージャージー州ニューアークで対立するアフリカ系ギャングと、イタリア系マフィアのメンバーが関わりを持ったことで、さらに抗争が激化する様子が描かれる。


この前日譚映画は、本家シリーズで主人公トニー・ソプラノを演じ、2013年に51歳で急逝したジェームズ・ガンドルフィーニの実の息子マイケル・ガンドルフィーニが、若かりし日のトニー役に抜擢されたことで公開前から大きな話題となっていた。


前日譚映画を製作中に、クリエイターのデヴィッド・チェイスは本家シリーズでプロデューサー・脚本を手掛けたテレンス・ウィンターと映画版の続編を検討していると報じられていたが、その続編が現在はドラマシリーズで検討されているという。


ワーナー・メディアのCEOであるアン・サーノフは、『The Many Saints of Newark』の評価が高いことにワクワクしているとコメントし、「デヴィッド(・チェイス)と、HBO Maxで『ザ・ソプラノズ』に関連した新シリーズについて話し合っています」と、プロジェクトが進行しつつあることを明かした。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

海外セレブニュースランキング

海外セレブランキングをもっと見る
お買いものリンク