ディーン・ケイン、スーパーマンのバイセクシャル設定に「大胆でも勇敢でもない」

ディーン・ケイン、スーパーマンのバイセクシャル設定に「大胆でも勇敢でもない」
拡大する(全1枚)

1990年代に放送された人気ドラマ『LOIS & CLARK/新スーパーマン』で、スーパーマン/クラーク・ケントを演じたディーン・ケイン。米出版社DCコミックスが、最新号に登場するスーパーマンがバイセクシャルとして描かれることについて言及した。米The Hollywood Reporterが報じている。


DCコミックスの現在のスーパーマンは、クラーク・ケントの息子である17歳のジョン・ケントで、11月9日(火)発売の「Superman: Son of Kal-El(原題)」でバイセクシャルであることをカミングアウトするという。父親が地球外にいる間、地球のスーパーマンを引き継いでいるジョン。父親と同様、記者と恋に落ちるが、その相手は大学時代の同性の友人ジェイ・ナカムラだ。


55歳のディーンは、米Fox & Friends Firstで以下のように語った。「彼らは大胆な新しい方向性だと言ったが、ただ単に時代の流れに乗ろうとしているだけだ。(3代目)ロビンはバイセクシャルであることをカミングアウトしたばかりだけど、それに本当に衝撃を受けた人なんているだろうか?新しいキャプテン・アメリカはゲイ。私が父親役を演じた『SUPERGIRL/スーパーガール』の娘はゲイ(トランスジェンダー)。だからこれが大胆で勇敢なことだとは思わないし、突拍子もない新しい方向性だとも思わない。もし、20年前にこれをやっていたら、それは大胆で勇敢なことだったかもしれない」


編集部おすすめ

当時の記事を読む

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

海外セレブニュースランキング

海外セレブランキングをもっと見る
お買いものリンク