【ネタばれ】『ブラックリスト』シーズン9が幕開け!あの人降板後の展開は?

【ネタばれ】『ブラックリスト』シーズン9が幕開け!あの人降板後の展開は?
拡大する(全1枚)

人気犯罪アクションドラマ『ブラックリスト』シーズン9の放送が、米NBCにて10月21日よりスタートした。シーズン8をもってあの人が降板したことを受け、シーズン9の行く先が懸念されていたが、米Varietyが第1話で起こることについて紹介している。(※本記事は、シーズン9第1話のネタばれを含むのでご注意ください!)


シーズン9の第1話「Skinner(原題)」ではタイムジャンプがあり、エリザベス(メーガン・ブーン)の死から2年後が舞台に。FBIの覆面捜査官となったデンベ(ヒシャム・タウフィーク)が爆発事故で入院し、重要なマイクロチップを盗もうとした事件の犯人がミステリアスなタトゥーを入れていたと報告する。FBIを引退したハロルド・クーパー(ハリー・レニックス)は、復帰を拒んだレスラー(ディエゴ・クラテンホフ)以外のメンバー、アラム(アミール・アリソン)とアリーナ(ローラ・ソーン)を招集してチームを再結成し、どの組織が事件に関与しているのか突き止めようとする。


タトゥーの男を特定できるのは他ならぬレディントン(ジェームズ・スペイダー)のみだったため、クーパーはハバナで彼と接触。レディントンの情報により、"スキナー"と呼ばれるタトゥーの男は、人間を生きたまま燃やす犯罪グループのリーダーだと判明し、レディントンはスキナーの前任者であるヴィンセントにコンタクトを取り、チームに協力することに同意した。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

海外セレブニュースランキング

海外セレブランキングをもっと見る
お買いものリンク