他のMCU作品とは一味違う?ケヴィン・ファイギが語る『ホークアイ』の魅力とは

他のMCU作品とは一味違う?ケヴィン・ファイギが語る『ホークアイ』の魅力とは
拡大する(全1枚)

11月24日(水)よりDisney+(ディズニープラス)で配信が開始したマーベルドラマ最新作『ホークアイ』。マーベル・スタジオの社長で"マーベル・シネマティック・ユニバース"(以下MCU)の全作品同様、本作でも製作総指揮を務めるケヴィン・ファイギが、他のMCU作品とは異なる"本作ならではの魅力"を明かした。


キャプテン・アメリカやアイアンマン、ブラック・ウィドウらとともに戦ってきた、"ヒーロー"であり"ごく普通の父親"でもあるホークアイことクリント・バートン(ジェレミー・レナー)。『ホークアイ』では、『アベンジャーズ/エンドゲーム』の決戦後、戦いから離れ、愛する家族と平穏なクリスマスを過ごしたいと願うクリントが再び事件に巻き込まれ、仕方なく解決へ挑む姿が描かれる。


MCUの全作品に携わってきたプロデューサーのファイギは、本作について、「ホリデー期間に起きるクリスマス・ストーリーというのは楽しいよね。世界滅亡の危機があったり、セレスティアルズ(『エターナルズ』に登場する、この世の創造より前に出現した種族)が宇宙から登場したり、"マルチバース"があった後だったのもあって、本作は新鮮な息吹を感じさせるものだったよ。本作はホークアイの、地に足がついた"家族向けの物語"なんだ」と明かす。


直近のMCU作品である『ロキ』、『シャン・チー/テン・リングスの伝説』、『エターナルズ』などでは、スケールが壮大な物語が描かれたが、本作の舞台はニューヨークで、世界が滅亡の危険に晒されるようなスーパーパワーは登場しない。だからこそ、"ヒーロー"と"父親"の間で葛藤するホークアイの姿を、よりリアルに、そしてユーモアたっぷりに描き出している。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

海外ドラマNAVIの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外セレブニュースランキング

海外セレブランキングをもっと見る
お買いものリンク