世界中で社会現象を巻き起こした傑作犯罪ドラマ『ブレイキング・バッド』の前日譚ドラマ『ベター・コール・ソウル』。そのファイナルシーズンの第3話「万事休す」について、出演キャストが解説している。(※本記事はシーズン6第3話の重大なネタバレを含むのでご注意ください)

【関連記事】『ブレイキング・バッド』アーロン・ポール、『ベター・コール・ソウル』出演について語る

メキシコ・カルテルのメンバーだったヘクター・サラマンカ(マーク・マーゴリス)の甥ラロ(トニー・ダルトン)襲撃を手引きしたナチョ(マイケル・マンド)は組織に捕まってしまうが、何とか拘束を解き、逃走。そして、彼はフアン(ハビエル・グラヘダ)の銃を奪って彼を人質に取るが、結果的にヘクターやガス(ジャンカルロ・エスポジート)といった周りにいた悪党たちを射殺して道連れにはせず、自分の頭を撃って自決した。

【ネタバレ】『ベター・コール・ソウル』あの人、ファイナルシー...の画像はこちら >>

米Varietyのインタビューに、ナチョ役のマイケル・マンドが登場。その衝撃的なシーンについて、「ガスやヘクター、サラマンカの双子など、あのラストシーンに登場した人物は全員、『ブレイキング・バッド』でも生きていることが分かっていますが、ナチョが誰も一緒に道連れにしなかった理由はあったのでしょうか?」と質問されて答えている。

「そう考えてみたら、あの場にいた人は(『ブレイキング・バッド』で)一人残らず死んでいますよね。このシーンは不吉な雰囲気が漂っていて、彼らは最初の男が死ぬのを目にし、死を待っている人たちです。すでに彼らは死んでいるのに、そのことにまだ気づいていない。ナチョのイメージは犠牲と真実の愛、そして勇気で、復讐のイメージではありません。キャラクターを定義する究極の行動は犠牲であり、怒りではなく愛なのです」


この記事の画像

「【ネタバレ】『ベター・コール・ソウル』あの人、ファイナルシーズン第3話の衝撃的な展開を解説」の画像1 「【ネタバレ】『ベター・コール・ソウル』あの人、ファイナルシーズン第3話の衝撃的な展開を解説」の画像2