ロサンゼルスを舞台に、強盗事件やテロリズム、ギャング抗争といった凶悪事件の収拾に発動する特殊武装戦術部隊、S.W.A.T.の活躍を描くアクションドラマ『S.W.A.T.』。そのシーズン5をもって、シーズン1より出演していたオリジナルキャストが卒業することが明らかとなった。米TV Lineが報じている。(※本記事は日本で未放送のシーズン5のネタバレを含むのでご注意ください)

【関連記事】『S.W.A.T.』ジェイ・ハリントン、歳を重ねるにつれてパワーアップ!

米CBSにて5月22日(日)に放送されたシーズン5の最終話となる第22話「Farewell(原題)」をもって、チームの紅一点、凄腕スナイパーのクリスティーナ・“クリス”・アロンゾ役でレギュラー出演していたリナ・エスコが降板した。

クリスの退場については、数週間前に放送されたエピソードで具体的にストーリーラインが描かれている。彼女は、悪い状況から逃れてきた移民女性のために地元で避難所を運営しているママ・ピナ(テリー・ホヨス)の後を引き継ぐため、S.W.A.T.を去ることに決めたと同僚で親友のジム・ストリート(アレックス・ラッセル)に明かしていた。そして最終話でクリスは、新たな使命をまっとうするためにチームに別れを告げる展開となっている。

ファンへ感謝のメッセージ

クリス役で出演する傍ら、シーズン5の第15話ではエピソード監督を務めたリナ。降板について次のように述べた。