米CWの人気DCドラマ『レジェンド・オブ・トゥモロー』と『BATWOMAN/バットウーマン』の打ち切りが決定し、アローバースの未来が懸念されているが、これから同ユニバースはどうなってしまうのだろうか?

【関連記事】『レジェンド・オブ・トゥモロー』がシーズン7で打ち切り… サラ役ケイティ・ロッツがコメント

CWは前述の2作品に加え、アローバースには参加していないが、今年1月に放送開始された新作DCドラマ『Naomi(原題)』の打ち切りも決定。この大規模なキャンセルにより、新シーズンでカムバックする既存のアローバースドラマは、『THE FLASH/フラッシュ』『スーパーマン&ロイス』『Stargirl(原題)』のみとなり、新たに製作が発表された『Gotham Knights(原題)』は、2022~2023年シーズンのラインナップに加わることになった。

米Deadlineによると、ワーナー・ブラザースからCWが売却される計画があるため、DCコンテンツから離脱するのではないかとの憶測が飛び交っていたが、CWでトップを務めるマーク・ペドウィッツは「そうはならない」と報道陣に語っている。

「CWのDCユニバースには『Gotham Knights』があるため、DCユニバースにてクリエイティブ面を統括してきた(プロデューサーの)グレッグ・バーランティとともに、スーパーヒーローのビジネスに留まります」

しかしペドウィッツは、CWにおけるDCの存在感が“過去数年間ほど強固ではない”ことも認めている。