1986年、リアルタイムで観た前作『トップガン』は衝撃的だった。F-14戦闘機を駆使したドッグファイトもさることながら、カワサキのスポーツバイクGPZ900R A2で爆走する若武者トム・クルーズがあまりにも美しく、あまりにもカッコ良くて…。あれから36年、肉体も、精神も、スターオーラも、衰えるどころかますますバイタリティーに溢れ、ハリウッド映画を背負って立つほどの巨星になったトムが、とんでもない続編を送り込んできた。最新作『トップガン マーヴェリック』には衰えなど微塵もない、あるのは“進化”という年輪だ。【映画レビュー】

『トップガン マーヴェリック』あらすじ

アメリカのエリートパイロットチーム“トップガン”は、世界的危機を回避するための極秘ミッションに直面していた。誰もが「不可能だ」と口にする無謀なミッションをなんとしてでも成功させたい上層部は、最終手段として、トップガン史上最高のパイロットでありながら、型破りな性格から組織を追放されたピート・ミッチェル、コールサイン“マーヴェリック” (トム)を教官として呼び寄せる。新世代チームとともに命懸けのミッションに挑むことになったマーヴェリックだが、そこには、今は亡きかつての同僚グースの息子ルースター(マイルズ・テラー)の姿があった…。

現在59歳のトム・クルーズが魅せる

レイバンのサングラスに派手さを抑えたフライトジャケット、相棒のスポーツバイクはカワサキのフラッグシップモデルNinja H2に進化し、鍛え抜かれた肉体はむしろ59歳となった今の方が力強く、引き締まって見える。36年前は年上の女性教官チャーリー(ケリー・マクギリス)をメロメロにさせたマーヴェリックだが、今回はジェニファー・コネリー演じるかつての恋人ペニーの閉じた心をジワジワと開いていくという大人の恋模様。御年51歳のジェニファーも変わらぬ美貌を披露し、「こりゃ、焼けぼっくいに火がついてもしょうがない」と納得だ。