ディーン&サム・ウィンチェスター兄弟が壮絶なモンスター狩りを繰り広げる、米CWの超常現象アクションドラマ『SUPERNATURAL スーパーナチュラル』。2020年11月に有終の美を飾ってから早くも1年半が経つが、15シーズンに渡ってディーン役を演じてブレイクを果たしたジェンセン・アクレスが、シリーズを振り返っている。

【関連記事】『ザ・ボーイズ』カール・アーバン&ジェンセン・アクレス直撃!撮影初日に全員の前で全裸に!?

ディーン役を15年演じた『スーパーナチュラル』との別れ…

15年間にもわたって演じたキャラクターに別れを告げるのは、さぞ寂しかったに違いないと察するが、米トーク番組『Late Night with Seth Meyers(原題)』に出演したジェンセンが、『スーパーナチュラル』との別れは本当にホロ苦い思いになったと胸中を明かしている。

「そう思ったのは、僕たちが本当に楽しんでいて、皆が家族同然だったからだ。誕生日や休日を共に過ごし、スタッフやキャストとして一緒に多くのことを経験したから、最後は本当に悲しい別れだったけど、それは全て価値があるものだったよ」と懐かしんでいた。

『スーパーナチュラル』は世界中のファンに惜しまれるなか幕を下ろしたが、ディーン&サムの両親であるジョン&メアリー・ウィンチェスターを主人公に描く前日譚ドラマ『The Winchesters(原題)』が、米CWにて今秋放送開始予定だ。シリーズのレガシーは継承されていき、ジェンセンはディーンとしてナレーターで参加し、その予告編では姿も見せている。