『SEX AND THE CITY』の続編ドラマ『AND JUST LIKE THAT.../セックス・アンド・ザ・シティ新章』シーズン2をもって降板した“あのキャラクター”について、ミランダ役のシンシア・ニクソンが語っている。

【関連記事】『ツイン・ピークス』クーパー捜査官、『SATC』トレイが好きな映画は?カイル・マクラクランがチョイス

キャラクターの役割は終わった

シーズン1より、ノンバイナリーのチェ・ディアス役を演じたサラ・ラミレス(『グレイズ・アナトミー』)がシーズン3には出演しないと報じられたが、米Varietyのインタビューに応じたシンシアが、降板はサラとショーランナーのマイケル・パトリック・キングの合意によるものだと明かしている。

「チェは魅力的なキャラクター、物議を醸したけれど素晴らしいキャラクターを創り上げたと思います。サラもマイケル・パトリックも、そのキャラクターの役割は終わったと感じたのではないでしょうか。チェが登場して全てを揺さぶり、そしてストーリーが完結したのです」と語った。

『AND JUST LIKE THAT...』シンシア・ニク...の画像はこちら >>

スタンダップコメディアンのチェはミランダと恋仲になり、二人が交際を始めたことで、スティーヴとの結婚生活が完全に破綻。ネットでは、チェに対するネガティブなコメントやバッシングが絶えず、そういったファンの反響がサラの降板に影響しているのではないかとも見られている。シーズン2のラストでは二人の破局が描かれたが、シンシアによると、シーズン3でミランダは数十年ぶりにシングルとなり、新シーズンではその自由を探求することになるだろうと示唆。

「この番組では、いつでもキャラクターが恋愛をしている時が一番うまくいく気がします」とコメントした。

シーズン3には、大学教授のニア・ウォーラス役を演じたカレン・ピットマンも出演しないと報じられているが、シンシアのほか、キャリー役のサラ・ジェシカ・パーカー、シャーロット役のクリスティン・デイヴィス、アンソニー役のマリオ・カントーネ、シーマ役のサリタ・チョウドリー、リサ役のニコール・アリ・パーカーといったメンバーの続投が見込まれている。

『AND JUST LIKE THAT.../セックス・アンド・ザ・シティ新章』シーズン1~2はU-NEXTで配信中にて独占配信中。(海外ドラマNAVI)