ティモシー・シャラメ主演の傑作『君の名前で僕を呼んで』(2018年)でアカデミー賞ノミネートを果たし、“人喰い”の若者たちの恋を描いたヴェネチア国際映画祭 銀獅子賞受賞作『ボーンズ アンド オール』(2023年)で世界に賛否両論を巻き起こすなど、全世界から注目を集めるルカ・グァダニーノ監督最新作。テニスの世界を舞台に、2人の男を同時に愛するテニス界の元スター選手と、彼女の虜になった親友同士の若きテニスプレイヤーの10年以上の長きに渡る衝撃の<愛>の物語を描く『チャレンジャーズ』は、6月7日(金)に日本公開する。

監督は、全世界から注目を集める奇才ルカ・グァダニーノ監督。数々の衝撃作を生み出し、これまで様々な“愛”を描いてきたルカ監督が、本作で一体どのような“愛”を描き出すのか。世界から大きな注目を集めている。主演を務めるのは、ルカ監督作へ初出演となる『スパイダーマン』シリーズ、『デューン 砂の惑星』シリーズのゼンデイヤ。すべてを手に入れたテニス界の元トッププレーヤー、タシ・ダンカンを演じる。タシの虜になった親友同士の2人の若き男子テニスプレーヤーを、ジョシュ・オコナー、マイク・フェイストの若手実力派キャストが務める。


【関連記事】『チャレンジャーズ』衣装デザインを担当した「ロエベ」デザイナーがこだわりを明かす

『チャレンジャーズ』最大の魅力とは?

この度解禁されたのは、『チャレンジャーズ』の主要キャストの3人、ゼンデイヤ、ジョシュ・オコナ―、マイク・フェイストが、本作の魅力について熱く語る貴重な特別映像。

「脚本には、すぐに惹き込まれたの」と興奮気味に語るゼンデイヤは、本作のプロデューサーも務める、まさに全世界が注目する大スターだ。インスタグラムのフォロワーは1.8億人と絶大な影響力を持ち、そのファッションや私生活、彼女の一挙手一投足が、常に世界中から注目を集めるアイコン的存在。物語の主人公であるタシ・ダンカンも、テニス界のスター、実業家、妻として幅広く活躍し、多くの人を魅了するまさに≪完璧な女性≫。さらに、彼女が初の母親役を演じる本作に注目が集まっている。

そんな彼女に振り回され、人生の歯車が大きく狂い始める二人の男たち――。

タシを愛し、タシに導かれテニスの道を極めたアートを演じるマイク・フェイストは、「この作品はあらゆる要素が少しずつ盛り込まれた面白い映画だ」と語り、ラブストーリーにとどまらない、この映画が持つ多面的な魅力について熱く語る。

タシに惹かれながらも、テニスも人生もうまくいかないパトリックを演じるジョシュ・オコナーは、「テニスは多くの点で、お互いの関係性を表してる」とし、本作における“テニス”というスポーツがどのように作用するのか、期待を膨らませるコメントを寄せた。そんな彼らが「この映画は感情のジェットコースター!」「素晴らしい興奮が最後まで続く!」と語る、話題沸騰中の本作から目が離せない。

これまで数々の衝撃作を世の中に送り出してきたルカ・グァダニーノ監督が、ゼンデイヤを主演に迎えて贈る最新作『チャレンジャーズ』はいよいよ本日6月7日(金)に日本公開する。(海外ドラマNAVI)