『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』や『ナイトクローラー』など話題作の出演が続くジェイク・ギレンホール主演&製作総指揮! エミー賞&ゴールデングローブ賞受賞を誇るデイビッド・E・ケリー、『スター・ウォーズ』シリーズのJ・J・エイブラムスらが製作総指揮として手がける法廷サスペンス、Apple TV+リミテッドシリーズ『推定無罪』がついに今月、12日(水)よりApple TV+にて全世界配信開始。

この度、1人の検事が無実の罪で容疑者とされ、追い詰めらていく姿を描いた本作の予告編映像が解禁された。

全8話で構成される本作は、6月12日(水)に第1、2話を配信。その後毎週水曜日に新エピソードが配信される。

『推定無罪』


本作は、ハリソン・フォード主演で映画化もされた、ニューヨーク・タイムズのベストセラー小説「推定無罪」(スコット・トゥロー著/文春文庫)を原作とする法廷サスペンスシリーズ。

主人公は、ニューヨーク、ロサンゼルスに続く大都市シカゴで、検察局の首席検事補として法廷に立ち、犯罪者たちの罪を追求し正義を守ってきたラスティ・サビッチ(ジェイク・ギレンホール)。ある日、同僚の女性が殺害される事件が起こったことで、すべてが順調に見えた彼の人生が狂い始める…。被害者の家の寝室からラスティの指紋が見つかり、ラスティと被害者が愛人関係にあったことが発覚。

そして、同僚検事たちから容疑者として疑われ始めたラスティは、被告人として法廷で罪を追及されることに…。

圧倒的に不利な状況の中、次々と出てくる、自らを犯人だと語る証拠の数々に、ラスティはさらに追い詰められていく―。

<予告編>

【被告人は、有罪が確定するまでは‟無罪“として扱わなければならない】
‟推定無罪“の原則が、今揺らぎ始める――

Apple TV+「推定無罪」予告編映像

公開された予告編では、家族と幸せに暮らしながら検事補として順調にキャリアを築いてきた主人公ラスティが、自分の過ちを発端に容疑者となり、窮地に追い詰められていく姿が映し出されている。

捜査が進むにつれ、被害者とかつて愛人関係だったことに加え、事件当日に30回ものメールを執拗に送り付けるなど、ストーカーのように彼女に付きまとっていたという、ラスティの裏の顔が次第に明るみに……。同僚だった検事たちは、ラスティをやり玉に挙げ、“有罪”が確定していないにも関わらず、あたかも“有罪”だと言わんばかり。挙句の果てには、味方だった家族にまで、自分が無罪だと信じてもらえない。逃げ道のないラスティは、今回の事件が、過去に被害者女性と自分が一緒に担当した殺害事件との類似点が多いことに気が付き、新たな容疑者探しに乗り出す――。「浮気は隠したが、殺してない」と主張するラスティは、果たして潔白を証明することができるのか。

<キャスト&スタッフ>

主演ジェイク・ギレンホールが演じる主人公ラスティの妻役にはルース・ネッガ(『ワールド・ウォー Z』『ラビング 愛という名前のふたり』)、ラスティを支え共に裁判に臨む検事役にはビル・キャンプ(『ジョーカー』『ワイルドライフ』)。ラスティを法廷で追及する検事役をO・T・ファグベンル(『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』)、娘役をチェイス・インフィニティが演じ、ビル・キャンプの実の妻エリザベス・マーヴェル(『ボーン・レガシー』『カラーパープル』)は本作でビルが演じる検事の妻役で出演。

その他、ナナ・メンサー(『ザ・チェア ~私は学科長~』)、レナーテ・レインスヴェ(『わたしは最悪。』)、ピーター・サースガード(『THE BATMAN ザ・バットマン』)、キングストン・ルミ・サウスウィックなど、豪華キャストが大集結! 演技と演技のぶつかり合いを繰り広げる。

製作を手掛けるのは、J・J・エイブラムスのバッド・ロボット・プロダクションズと、デイビッド・E・ケリーのDavid E. Kelley Productions。バッド・ロボット・プロダクションズと独占包括契約を締結しているWarner Bros. Televisionが製作協力している。

製作総指揮に名を連ねるのは、主演ジェイク・ギレンホールに始まり、エミー賞やゴールデングローブ賞で複数受賞の『ビッグ・リトル・ライズ』で知られ、本作ではショーランナーも務めるデイビッド・E・ケリー、『スタートレック』『スター・ウォーズ』シリーズで監督を務めるJ・J・エイブラムスと、バッド・ロボット・プロダクションズのレイチェル・ラシュ・リッチ。

さらに、David E. Kelley Productionsの下、マシュー・ティンカーも製作総指揮として参加する他、ダスティン・トマソン、シャー・ホワイトらも。原作者であるスコット・トゥローは、ミキ・ジョンソンと共同製作総指揮として参加している。

監督は、第1、2話・第8話をアンネ・セウィツキー(『妹の体温』『真実の恋』)が、第3~7話をエミー賞受賞歴のあるグレッグ・ヤイタネス(『ハウス・オブ・ザ・ドラゴン』『プリズン・ブレイク』)が務める。

無実の罪で追い詰められていく検事役を、ジェイク・ギレンホールが熱演。一度観始めたら止まらない、最高峰の法廷サスペンスシリーズがここに! Apple TV+『推定無罪』は6月12日(水)よりApple TV+にて全世界配信開始!

(海外ドラマNAVI)