11シーズン続いた大ヒットドラマ『ウォーキング・デッド』には数々の強烈なキャラクターが登場したが、その中でも特に印象深いキャストが天国へと旅立ってしまった。相棒だったダリル役のノーマン・リーダスをはじめとした共演者たちが追悼メッセージを送っている。

【関連記事】ダリル役ノーマン・リーダスがまた会いたいキャラクターは?『ウォーキング・デッド:ダリル・ディクソン』インタビュー

「また会いたい」という思いは叶わず…

米Deadlineをはじめとした複数のメディアが、同作のシーズン9で初登場し、シリーズフィナーレを含む20話以上に姿を見せたダリルの相棒、“ドッグ”を演じたベルジアン・シェパード・ドッグのセブンが息を引き取ったことを報じた。

番組公式SNSは、セブンがノーマンやキャロル役のメリッサ・マクブライドと一緒にいる時の画像を投稿。「シリーズの誰よりもいい子だったセブン、どうか安らかに」と述べている。

そんな悲報にキャストたちも反応。ダリル役のノーマンはInstagramのストーリーにセブンの画像をアップし、「セブン、恋しくなるよ。TV界で最高の相棒だ」と綴ったほか、海岸でセブンと写っている画像も掲載した

そのほかにも、“ドッグ”のもともとの飼い主であるリア・ショウを演じたリン・コリンズや、ニーガン役のジェフリー・ディーン・モーガン、エゼキエル役のカリー・ペイトン、タミエル役のサブリナ・ジェンナリーノ、ショーランナーのアンジェラ・カンなどがセブンの死を悼んだ。

ダリル役のノーマンは2018年、“ドッグ”役のセブンとの共演について次のように語っていた。「この前撮ったシーンは、当初の想定とはまったく別のものになったよ。というのも、犬がやりたいことが違ったからなんだけど、結果的に当初の想定よりもずっといいものになった。きっと彼は番組を仕切るようになるだろうね。そうなったら最高だ! 俺のことも好いてくれてるしね」

さらにノーマンは、先日来日した際のインタビューで、シリーズのキャストと再会する可能性について聞かれた際に、「もしも叶うなら“ドッグ”にまた会いたいね」と述べていた。

【関連記事】【犬の日記念】『フルハウス』『名犬ラッシー』『モダン・ファミリー』...TVで最も有名なワンちゃん

『ウォーキング・デッド』全11シーズンはHuluにて配信中。(海外ドラマNAVI)

参考元:米Deadline米Entertainment Weekly米Variety