2023年にシーズン6をもって終了した医療ドラマ『レジデント 型破りな天才研修医』(以下『レジデンド』)のコンラッド・ホーキンス役で知られるマット・ズークリー。本作で娘ジジを演じたレミ・エヴァンズとのほほえましい再会が報じられた。

【関連記事】『レジデント 型破りな天才研修医』マット・ズークリー、あの人の退場について語る

『レジデント』終了から1年半経っているものの…

6月18日(火)、本シリーズのクリエイター、エイミー・ホールデン・ジョーンズ(『ベートーベン』)が投稿した1枚の素敵な写真が『レジデント』ファンの間で話題に。

「マット・ズークリーはレミ・エヴァンズ(ドラマ内での娘ジジ)の初めてのダンス発表会を見に行ったの。マットはこんなに素晴らしい人」というコメントと共に二人が抱き合う写真を自身のXに投稿した。

父娘の再会は、『レジデント』がアメリカでフィナーレを放送してから1年半後に実現。2018年から2023年にかけて6シーズン(107エピソード)放送された本作。シーズン4のプレミアで、コンラッドはエミリー・ヴァンキャンプ(『リベンジ』)演じるニコレット・"ニック"・ネヴィンと結婚。二人の間には、シーズン4のフィナーレで誕生した娘ジジがいた。翌年、『レジデント』は3年先に舞台がジャンプし、その時点でレミは大きくなったジジとして登場した。彼女は、シリーズ最後の2シーズンにわたり、19エピソードに出演し、スクリーン上でのパパ、コンラッドの娘役を務めた。

プライベートでも実の父親のような優しさを見せたマット。最新出演ドラマ『アメリカン・ホラーストーリー』シーズン12はDisney+(ディズニープラス)で配信中。(海外ドラマNAVI)

参考元:TV Line