英国版「Siri」の声はこの人だった!

英国版「Siri」の声はこの人だった!
Appleには公にしないように言われていたが…
Appleの「iOS」の音声認識機能「Siri」の英国版である“Daniel”は、元技術ジャーナリストであるJon Briggs氏の声らしい。同氏がThe Telegraphのインタビューで明らかにした。

Apple広報担当者からは、Appleの被雇用者は製品について週比の義務があるとし、公に話さないように告げられたそうだが、Briggs氏が声の録音を行ったのは、6年前の別の会社のためのものであり、Appleと直接契約はしていないということで、担当者に反論。それ以降、Appleからの連絡はないそうだ。

あちこちで使われる彼の声、さすが聞き取りやすい!
Briggs氏が録音協力したのは、Scansoftの文書読み上げサービスのためで、このScansoftが2005年、Siriの音声認識技術を作ったNuance Communicationsと合併した。そのため、彼の声が使用されることとなったものと思われる。

同氏によると、3週間にわたって5000文を特別な方法で抑揚なく、正確に読み上げていったのだとか。Scansoftはそのデータを持ちかえり、音声を分解、さまざまな文の読み上げに対応させていったものとみられるという。

この彼の音声は、英国の視覚障害者のためのコンピュータ関連団体であるBrtish Computer Association for the Blindや、ロンドン・キングスクロス駅など、多数他の組織・場所でも使われているそうだ。

声の正体はこの人か…と思ってみるのも興味深い。

元の記事を読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

ネットベンチャーニュースの記事をもっと見る 2011年11月13日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Google」のニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら