NASA、オープンソースポータルを立ち上げ

NASA、オープンソースポータルを立ち上げ
内部開発プロジェクトをオープン化予定
米航空宇宙局NASAが現地時間4日、オープンソースポータル「code.nasa.gov」を立ち上げたことを発表した。このサイトには、当面、NASAのオープンソフトウェア開発に関する情報が掲載され、公表されるという。

以前からBugzillaやOpenStackなど、さまざまなオープンソース計画の開発をサポートしてきたNASAだが、今後、このサイトをハブに活用し、NASAの内部で開発中のプロジェクトをオープンソースに移行させる予定だそうだ。

あなたのコードも太陽系を離れて宇宙へ飛び立つかも
NASAによれば、同局は宇宙科学システムの開発は、今後、よりオープンに行われ、アイデアは共有されるべきと考えており、このcode.nasa.govがそのために大きな役割を果たすものとなることを願っているという。

声明では、「あなたの書いたコードも太陽系を離れて宇宙へ向かい、エイリアンの住む惑星に到着するかも」とも述べられており、宇宙への夢をかき立ててくれる。興味のある人は、ぜひチェックを。

元の記事を読む

あわせて読みたい

ネットベンチャーニュースの記事をもっと見る 2012年1月7日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら