DNP、車載通信システムのセキュリティ対策サービスをリリース

DNP、車載通信システムのセキュリティ対策サービスをリリース
盗難や遠隔操作などを防止、ネットにつながる車載システムのセキュリティ性をアップ!
大日本印刷株式会社(DNP)は12日、近年急速に進行している車載システムのデジタル化やインターネット接続サービスの普及に対応すべく、車載システムのセキュリティ性を高める新サービスの提供を開始すると発表した。

車載機器に搭載されるアプリの改ざんや秘密情報の不正取得を防止し、車両の盗難や遠隔操作による乗っ取り被害からユーザーを守ることを目的とする。

サービスの第1弾として、車載システムの秘密情報に関する不正取得を防ぐソフトウェア「CrackProof(クラックプルーフ)」と、車載通信機器に組み込んで通信データを暗号化し、機器同士の認証と管理を専用サーバーで安全に行うシステム「DNP Multi-Peer VPN(Virtual Private Network)」を組み合わせたセキュリティ対策サービスを、自動車業界向けに提供するという。

次世代の車社会を守るセキュリティシステムを!
「CrackProof」は、DNPの子会社である株式会社DNPハイパーテックが開発した、アプリの不正改ざんを防止するクラッキング対策ソフトウェア。昨今の自動車における電子制御化に対応するツールで、車両がネットを介して連携するスマホアプリや、車載情報端末アプリなどのセキュリティ性を高める。

制御系のアプリがクラッキングされると、自動車の制御データや車載コンピューターの仕様など、重要な機密情報が漏洩し、悪用される危険性が生じる。また、自動車に対するリモートコントロール機能を有するスマホアプリがクラッキングされた場合、ドアの解錠などが不正に第三者によって行われ、盗難の危険性も生まれる。「CrackProof」は、これらアプリを強力に堅牢化し、さまざまな被害を未然に防ぐことができるという。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ネットベンチャーニュースの記事をもっと見る 2016年1月13日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「セキュリティ」のニュース

次に読みたい関連記事「セキュリティ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。