日立の秘匿検索技術がマイナンバーの安全管理を実現へ!

日立の秘匿検索技術がマイナンバーの安全管理を実現へ!
暗号化したまま検索、保管、利用が可能
株式会社日立ソリューションズは8日、来年1月に施行される社会保障・税に関わる番号(マイナンバー)制度を見据え、企業が行うべき安全管理措置に適した「マイナンバーセキュア管理システム」を10月1日より販売すると発表した。

「マイナンバーセキュア管理システム」は、日立の秘匿検索技術により、暗号化したマイナンバーをデータベースに保存するとともに、その暗号化状態のまま、業務アプリケーションからマイナンバーを検索・利用できる仕組みを提供するというもの。

これにより、法律によって規定された、源泉徴収票などの法定調書印刷や、マイナンバーの検索結果表示といった必要な場合にのみ、許可された担当者がマイナンバーを視認することを実現。それ以外では、常に暗号化された状態で取り扱われるものとしたほか、日立ソリューションズの信頼性の高いデータベース技術を活かし、内部構造を隠蔽することで、マイナンバーの所在自体も特定不可能とした。

基幹システムに追加導入して対応環境構築が可能
「マイナンバーセキュア管理システム」では、システム内におけるマイナンバーは常に暗号化されており、通信データ搾取やシステム運用関係者による不正取得が発生しても、内容が解読される心配がないため、安心して利用できる。

また、外部からのマルウェア攻撃により、感染した業務端末から不正なリモートアクセスが行われた場合でも、データが暗号化されているため、マイナンバーを搾取されることがない。

あわせて読みたい

ネットベンチャーニュースの記事をもっと見る 2015年9月9日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。