災害時の音声メッセージお届けサービス、29日より6事業者で相互利用開始

災害時の音声メッセージお届けサービス、29日より6事業者で相互利用開始
電気通信事業者協会が発表
一般社団法人電気通信事業者協会(TCA)は、その会員であるNTTドコモ、KDDI株式会社、沖縄セルラー電話株式会社、ソフトバンクモバイル株式会社、イー・アクセス株式会社、株式会社ウィルコムとともに27日、声明を発表、1月29日より「災害用音声お届けサービス」の相互利用を開始するとした。

これまで同サービスの相互利用は、NTTドコモ、KDDI、沖縄セルラー電話、ソフトバンクモバイルの4社間で実施されてきたが、より幅広く国民の安全に寄与するため、総務省主催の「大規模災害等緊急事態における通信確保の在り方に関する検討会」の最終とりまとめで、早期に国内における携帯電話・PHS事業者の6社間で相互利用可能となるよう、取り組むことが望ましいとの提言がなされたことなどから、今回、イー・アクセスとウィルコムを新たに加えた相互利用を開始することになったという。

体験サービスもあるのでぜひチェックを
「災害用音声お届けサービス」は、震度6弱以上の地震など大規模災害が発生し、音声発信が集中することでつながりにくくなった場合に、通常の音声通信に代わってパケット通信により音声メッセージを届ける緊急災害時専用のサービス。利用者の安否情報を伝える音声をファイル化し、パケット通信で送信するため、電話がつながりにくい場合でも、声による安否確認が可能となっている。

6社間での相互利用がスタートすることで、利用者はこれらの事業者の垣根を越えて、音声メッセージを送付することができるようになる。

この「災害用音声お届けサービス」は、毎月1日・15日と「防災週間(8月30日~9月5日)」、「防災とボランティア週間(1月15日~1月21日)」、および「正月三が日(1月1日12:00~1月3日24:00)」に体験サービスが提供されている。いざというときに備え、一度試しておくことをおすすめする。

元の記事を読む

あわせて読みたい

ネットベンチャーニュースの記事をもっと見る 2014年1月28日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら