都心の駐車場不足も解消へ!「docomoスマートパーキングシステム」

都心の駐車場不足も解消へ!「docomoスマートパーキングシステム」
NTTドコモが新開発、実証実験開始へ
株式会社NTTドコモは6日、コインパーキングの初期投資を大幅に削減するほか、空き状況をリアルタイムに通知、スマートな運営を実現することができる新システム「docomoスマートパーキングシステム」を開発したと発表した。都心における駐車場不足の解消に寄与するものと見込まれている。

NTTドコモではこのシステムを、株式会社プレステージ・インターナショナル(PI)、株式会社プレミアモバイルソリューション(PMS)が運営する保守・運用サービスと組み合わせ、さらに株式会社コインパーク、株式会社シェアリングサービスと協力して、東京23区内の一部駐車場を対象に、6月13日から実証実験をスタートさせる。

「docomoスマートパーキングシステム」は、車両の入出庫を感知する機能を搭載したIoTデバイスの「スマートパーキングセンサー」、入出庫情報をリアルタイムでサーバーに送信する機能やセンサーが正常に稼働しているかをチェックする機能を持った通信モジュール搭載のゲートウェイ、クラウド上で満空情報などを管理する「駐車場管理サーバー」から構成されるもの。

このシステムにより、駐車場を運営する事業者は、従来採算が合わないとみられてきた小規模な土地でも、短期間の簡単な工事で安価にコインパーキングの開設・運用が可能となるため、空き地の一時的利活用として、駐車場を選択するケースが促進されると見込まれ、都心や住宅街での駐車場不足解消につながると考えられる。

あわせて読みたい

ネットベンチャーニュースの記事をもっと見る 2016年6月8日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。