マクニカら、Webサービスと連携可能なIoTスターターキットをリリース

マクニカら、Webサービスと連携可能なIoTスターターキットをリリース
「myThingsをはじめようキット konashi Edition」をリリース
株式会社マクニカは12日、株式会社IDCフロンティアと協力し、デジタル工作機械やオープンソースハードウェア、クラウドファンディングなどによる新たなものづくり手法を進めるベンチャー企業や個人向けに、Webサービスとの連携が可能なIoTスターターキット「myThingsをはじめようキット konashi Edition」の提供を開始したことを発表した。

マクニカのオンラインストアを通じて提供するもので、通常価格は5,960円(税別)、発売当初は50台限定のキャンペーンで特別価格4,980円(税別)として販売する。

「myThingsをはじめようキット konashi Edition」は、マクニカが開発したIoTセンサシールドの「Uzuki」、konashi対応Bluetooth SMARTモジュール「Koshian」に、ユカイ工学株式会社が開発したiOSデバイス向けフィジカル・コンピューティングツールキット「konashi」を組み合わせたキット。

製品に含まれている「Mpression 開発キット」を用いることで、JavaScriptを使用したラピッドプロトタイピングが容易に行えるモノとなるため、Webエンジニアやソフトウェアエンジニアが、ハードウェア設計を意識することなく設計を遂行、オリジナルデバイスを自作していけるという。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ネットベンチャーニュースの記事をもっと見る 2016年7月14日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。