スマホメーカーのノウハウでノートPCに革命を!ファーウェイ
拡大する(全1枚)
ファーウェイが日本のPC市場に殴り込み!初の13インチクラムシェル型PCを発売へ
華為技術日本株式会社(ファーウェイ・ジャパン)は4日、世界第3位のスマートフォンメーカーとして培ってきたノウハウを活かし、同社初となる13インチクラムシェル型PC「HUAWEI MateBook X」を開発、7月7日より販売を開始すると発表した。これをもって日本国内のPC市場へと本格参入する。

「HUAWEI MateBook X」は、モビリティを重視するスマートフォンメーカーならではのウルトラスリムノートブックPC。厚さは12.5mm、重さもわずか1.05kgとなった。両端のベゼル幅4.4mmという狭額縁と、ベゼルと画面の境目がない13インチ、画面占有率88%のフラットスクリーンを採用し、鮮やかな2Kの2160×1440ドットディスプレイで、コンパクトな筐体からは想像できないレベルの視聴体験を提供する。

ディスプレイ比率は3対2で縦の比率を大きくし、資料作成などに適した仕様としている。ビジネス利用にも適し、プロセッサーは第7世代インテルCoreTM i7/CoreTM i5を搭載。CPUの発熱対策として、ファーウェイ独自のスペース・クーリング・テクノロジーと航空宇宙技術をベースにした放熱素材を活用し、ファンレスを実現しながら高い生産性、パワフルさを維持しているという。ファンレス仕様であるため、ノイズやファンの隙間から入る埃の心配もない。