置くだけ簡単クラウド防犯カメラのセーフィー、暗闇もくっきりの新製品を発売



ライブ映像も録画映像も、アプリで簡単に管理・視聴でき、シェア機能で最大15名による映像管理が行える。「Safie」がクラウド映像プラットフォームとして設計されているため、他事業者や他サービスとのAPI連携も行いやすいという。

カメラ本体価格のほか、利用に際してはクラウド利用料としてプランに応じた月額費用がかかる。カメラ1台あたり、映像保管期間を7日間とするプランが月額1,200円、14日間が月額1,650円、30日間で月額2,000円、60日間で月額2,500円、90日間月額3,000円、180日間月額4,500円、360日間ならば月額7,000円。ただし録画を不要とし、ライブ映像のみの視聴利用ならば、本体購入のみの追加費用なしで使える。

なお上記各有償プランについては、ネット申し込みの特別価格も用意され、カメラ本体価格に割引を適用する特典がある。詳細はリリース資料・ECサイトなどで確認を。

(画像はプレスリリースより)

元の記事を読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

ネットベンチャーニュースの記事をもっと見る 2017年7月28日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。