アジア最大のブロックチェインカンファレンスにブルーキャッスルが出展

アジア最大級ブロックチェーン誇る超大型イベントが東京で開催決定となり、トークンエコノミーとブロックチェーンイベントとして世界初で、世界から注目を浴びています。また、株式会社ブルーキャッスルが運営するデジタルジャーナルがメディア業者として参加します。

アジア最大級ブロックチェーン誇る超大型イベントが東京で開催決定となり、トークンエコノミーとブロックチェーンイベントとして世界初で、世界から注目を浴びています。また、株式会社ブルーキャッスルが運営するデジタルジャーナルがメディア業者として参加します。

TokenSky TOKYO 2018では既に120を超える出展ブース、登壇者数においては150名を超えており、当日にはかなり多くの人々が参加する見込みです。これに合わせて、出展社の中から累計1500万を超える大規模なトークンエアドロップを参加者に向けてバラマキイベントが内部開催される予定です。

ブロックチェーン業界に関しては、世界各国から経済学者、教授、投資家、専業家などの有識者や専門家が集まり、今後ブロックチェーンに関する様々な機会・問題などをイベント内で議論する予定です。何と日本語、中国語、英語などの同時通訳も予定されているため、外国語があまりわからない人でも安心してイベントに参加できるのが、TokenSkyの価値ある魅力です。
これらのことを踏まえ、弊社が運営する仮想通貨やブロックチェーンに関しての情報サイト“デジタルジャーナル”もこのイベントに出展、登壇しスピーチなどを行います。“デジタルジャーナル”は世界各国で話題となる仮想通貨関連のニュースやブロックチェーンによる新たな技術躍進などの情報を24時間体制でいち早く察知し、ニュースとして日本人向けに発信するのが出来るメディアであることを、このイベントを通じて広めていきます。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。