1年の半分近くを北極で過ごす大阪在住の犬ぞり探検家による児童書『ふしぎな北極のせかい』が10月12日発売!

~大人が読んでも楽しめる「明日、誰かに話したくなる」内容満載~実用書や児童書を中心に刊行している出版社、repicbook(リピックブック)株式会社(本社:埼玉県志木市、代表取締役:諏訪部 貴伸)は、犬ぞり...

~大人が読んでも楽しめる「明日、誰かに話したくなる」内容満載~

実用書や児童書を中心に刊行している出版社、repicbook(リピックブック)株式会社(本社:埼玉県志木市、代表取締役:諏訪部 貴伸)は、犬ぞり探検家の著者がマイナス40度の世界で体験した面白くて残念なエピソードを交えながらまとめた『ふしぎな北極のせかい』を、2018年10月12日(金)に全国の書店で発売しました。

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000182817&id=bodyimage1

『ふしぎな北極のせかい』表紙

北極って、とても寒い地球の端っこの場所にあるということは漠然とわかってはいるものの、実際のところはどうなの? 北極の動物や植物などの生き物から、コーヒーを飲もうとして舌にスプーンがくっついて離れなくなる残念エピソードまで、想像を絶するようなマイナス40度の世界にはふしぎなことがいっぱい。思わず「へぇ~」と唸ってしまう内容から笑っちゃうエピソードまで、北極の歴史、自然や動物、そこに住む人たちの知恵や暮らしぶりなどを全ページイラストや写真入りで分かりやすく紹介しています。

あわせて読みたい

ドリームニュースの記事をもっと見る
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。