年間シラバスなどのデジタル化で、校務の少手間や学生・保護者・学校の関係を円滑につなぐ”使いやすい”を考えた弊社の『LMS+校務支援』ツールの《試用版》を2018年10月31日より一般公開いたします。

様々な教育教材コンテンツを手掛ける株式会社タカヤコミュニケーションズ(所在地:大阪府中央区、代表取締役社長:高西信治)は、今までご要望があった企業様向けに公開しておりました『LMS+校務支援ツール』で...

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000183859&id=bodyimage1

様々な教育教材コンテンツを手掛ける株式会社タカヤコミュニケーションズ(所在地:大阪府中央区、代表取締役社長:高西信治)は、今までご要望があった企業様向けに公開しておりました『LMS+校務支援ツール』ですが、この度、様々なご要望を受け、2018年10月31日より一般公開いたします。

【『LMS+校務支援ツール(試用版)』について】
https://takaya-com.jp/lms_trial/
※上記ページ内の”使ってみる”より、専用フォームにて[試用版]LMS+校務支援ツールのURLとID&パスワードを取得してください。

《LMS》・・・学習管理システム:Learning Management Systemの略。


■『LMS+校務支援ツール』の概要
使えば便利なはずのLMSや校務支援ですが、多機能すぎて欲しい機能が探し出せない。そこまでの機能は必要ない。といった声を耳にします。
弊社が考えるLMSや校務支援は、学生と保護者、教員と学校運営側の関係性を円滑につなぎ、使い続けられるツールこそがLMSや校務支援の役割だと考えております。...続きを読む

あわせて読みたい

ドリームニュースの記事をもっと見る 2018年10月31日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。