アップアレイ、人工知能を活用した英文スピーキングの自動採点機能を導入。 AI英会話アプリ『スピークバディ』に「英作文モード」を新たに追加

英語学習に特化したモバイル向けのアプリケーションの開発を行うappArray株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:立石剛史、以下:アップアレイ)は本日、AI英会話アプリ『SpeakBuddy(スピークバディ)』...

英語学習に特化したモバイル向けのアプリケーションの開発を行うappArray株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:立石剛史、以下:アップアレイ)は本日、AI英会話アプリ『SpeakBuddy(スピークバディ)』において、AI(人工知能)を活用し、ユーザーが発話した英文のフレーズと文全体の意味近似値を自動採点する機能を導入したことを発表しました。今回、AI英会話アプリ『スピークバディ』に新しく追加された「英作文モード」では、ユーザーが選んだ会話場面のキーフレーズと伝えるべき日本語のメッセージが与えられ、それらを基に自ら英文を考えながら発話練習できるようになり、会話終了後には自動採点が行われます。

『スピークバディ』は、AIと高精度音声認識を活用し、いつでもどこでも一人で英会話の練習ができるように開発された、モバイル向けの英語学習アプリです。本アプリは、文脈のある中で表現を学ぶことで実践的なコミュニケーション能力が身につくという「第二言語習得」の理論に基づいて設計されています。また、ビジネスや日常生活の多様な場面における会話コンテンツを有しており、それぞれの会話場面に設定されたキーフレーズを「どのように使うか」を意識して学べるようになり、ユーザーのスピーキング力の向上を支援します。今回新たに追加された「英作文モード」に関する詳細については、以下の通りです。...続きを読む

あわせて読みたい

ドリームニュースの記事をもっと見る 2018年12月5日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。