IT 業界初、 「アドテクニカ社」 労務監査優良企業に認定 労務管理を適正化、スタッフの働きやすい職場の実現へ

株式会社アドテクニカ(代表取締役:下村 聡 所在地:静岡県静岡市)は、2019年4月19日に一般社団法人 全国労務監査協会(代表:海蔵親一 所在地:東京都中央区)から労務管理体制が特に整っている企業であると認定され、IT 業界で初めて「労務監査優良企業証明書」が発行されました。

全国労務監査協会では、就業規則、長時間労働、残業代、有給休暇の管理等、9つの分野で160に及ぶ項目を1000点満点で監査し、800点以上の企業に「労務監査優良企業証明書」を発行しています。

長時間労働や残業代の未払いなどのブラック企業が社会問題化している中、IT 業界においても労務管理体制が整わず、深刻な人材不足に陥っている企業が多数存在しています。

株式会社アドテクニカは、IT 業界で初めて、「労務監査優良企業」に認定されました。(当協会調べ)

静岡市を中心にスタッフ総勢約30名がクラウドサービスやソリューションサービスを全国へ提供するIT企業で、災害時安否確認システムの「安否コール」は静岡県内でNo.1のシェア(自社調べ)を誇ります。今回は、働き方改革の第一歩として労務管理の適正化に取り組み、スタッフがより働きやすい職場の実現を目指しています。

*本リリースは、株式会社アドテクニカと一般社団法人 全国労務監査協会の共同リリースです。


【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000193284&id=bodyimage1

あわせて読みたい

ドリームニュースの記事をもっと見る 2019年4月19日のリリース記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

ニュースアクセスランキング

ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新リリース情報など、競合他社の動向が分かるビジネスパーソン必見の最新ニュースを写真付きでお届けします。